俺は5年前からセクキャバにハマってしまった30代の会社員である。

最初は友達を連れて数人で行く事が多かったが、今となっては1人で行く事の方が多くなってしまった。
初めてセクキャバに行った時の衝撃は今でも覚えている。どうせキャバクラみたいなもんだろうと思っていた俺は全く期待せずにお店に入った。待合室で待ってる間友達はウキウキした表情をしていたが俺は全くウキウキもしなければワクワクもしなかった、まさに無の状態に近い感覚であった。
そして数分待ってると女の子がやってきた。その女の子を見た瞬間は俺はテンションが上がってしまった。なぜならその女の子は今まで生きてきた中でTOP3に入る程カワイイ女の子だったからである。
しかもその女の子は俺の隣に座ったので更にテンションが上がりまくりであった。俺はセクキャバ初体験と言う事を女の子に話していたら、女の子が急に俺にキスをしてきた。突然の事だったのとシステムをよく知らなかったので女の子を突き放してしまった。でも女の子は微笑みながら「大丈夫だよ」と言ってきた。
俺はもうわけもわからなかったが興奮が高まり過ぎて今度は自分から女の子にキスを迫ったのである。そして普通のキスが徐々にディープなキスに変わり濃厚なだ液交換をしたのである。

俺はこの最高な体験をしてしまったせいで、給料の半分以上はセクキャバに使ってしまうと言う事になってしまったのである。それでも俺は一度も後悔をした事はなく今でもセクキャバは自分にとって居心地の良い聖地である。